朝活で集中力アップ!!夜型だと集中できない理由を解説します

副業

朝活で集中力アップ!!夜型だと集中できない理由を解説します

朝活することで確実に集中できる時間を確保することができます。

仕事から帰ってきた後に勉強や筋トレをしようと思ってもなかなか継続できない。

そんな人多いと思います。

それはなぜなのか?

答えは、脳が疲れているからなのです。

仕事や学校では、みんな一生懸命頭を使って作業していますよね。

そして帰宅する頃には心身ともに消耗している毎日。

これでは、集中力は続きません。

そこで、今回紹介する朝活が必要になってくるのです。

3分くらいで簡単に読めるので是非ご一読を!!

夜型では失敗してしまう理由

仕事や学校から帰った後は単純に疲れている

「帰った後に勉強するんだ…」

そう思って帰宅しても、だらだらスマホをみてしまって継続できない。

こんな経験、僕にもよくあります。

なぜ集中できないのか?

それは仕事や学校で頑張ったあとは、

脳の貯まっている情報がいっぱいになってこれ以上はいらないから。

なので夜型では脳が疲労していて集中力の持続が困難になってしまいます。

帰宅時間は毎日同じとは限らない

「今日から毎日19時から勉強するぞ!!」

そう思っていても、

残業で遅くなったり、また会社の飲み会があったりすることありますよね。

また、プライベートでも仕事が終わった後に約束したり、

社会人だとどうしても他人に左右されてしまいます。

なので交友関係を保ちながら自分の勉強時間を確保するには、

誰にも邪魔をされない朝に作業することが最適なのです。

夜のゴールデンタイムには誘惑が多い

今日はなにも誘いがなかったから勉強するぞ、と思っても

「20時から好きなドラマがやるんだっけ…」とか

インターネット、テレビ、オンラインゲームなど夜は誘惑が絶えません。

人が誘惑が勝てる確率は50%と言われているので、

毎日誘惑に勝つことはとても難しいのです。

朝活で1日が効率的になる

朝起きてから2時間は脳が最も集中できる

夜は集中できないと言うけど、朝も同じじゃないのか?

と思うかもしれません。

しかし朝の2時間というのは1日で最もクリエイティブな思考ができる時間

と言われているのです。

なぜかというと、朝起きた直後というのは脳に何も情報が入っていません。

空っぽということは、勉強すればするだけ脳が吸収してくれる状態なのです。

この時間、とても貴重だと思いませんか?

僕は朝活をする以前、朝はギリギリに起きて急いで準備して会社に通勤していました。

できるだけ長く寝ていたかったのです。

しかし、朝30分だけ早く起きて人生が変わりました。

具体的に言うと、

資格の勉強などで合計300時間以上の作業時間を確保して現在まで継続できています。

確実に集中できる時間を確保できるというのはとても貴重なのです。

朝活を習慣化するテクニック

「朝勉強しようと思ったけどなかなか続かない…」

これは誰でも一度は経験することだと思います。

なぜ続けることができないかというと理由があるんです。

それは習慣化です。

例えば朝4時に起きると決めた場合、寝る時間をしっかり設定します。

7時間睡眠なら21時には毎日必ず就寝するようにします。

そして勉強時間も細かく決めておきましょう。

例えばですが、

4:00-4:30 読書
4:30-5:30 ブログ
5:30-6:00 仕事の勉強
毎日のスケジュールをあらかじめ決めておけば迷うこともなくなります。
それでもどうしても続けられないよという人には、
自分にご褒美を用意するという方法がありますから安心を。
例えば朝起きたら美味しいホットコーヒーを飲もうとか、
なにか好きなものを用意しておくと継続できますよ。
僕は毎日朝起きたら紙パックの野菜ジュースを飲むようにしています。
このようにスケジュールを決めておくことで朝の作業時間を習慣化することができるのです。

集中力は短時間しか続かない

勉強できる人は長時間集中し続けている。

こんな風に思っている人多いかと思います。

実はこれ違うんですよ。

常に集中して作業している人は、

短時間の集中を繰り返しているということです。

これはとても大事なことなんですが、人間は長時間集中することができません。

長くても30分間と言われています。

そこでおすすめの方法がポモドーロテクニックです。

ポモドーロテクニックとは、簡単に言うと、

25分間集中して作業したあと、5分間休憩する。

これを繰り返すことです。

25分間という短時間に区切ることによって、

人間はその短時間でできるだけ作業を終わらせようと集中しようとするのです。

これをデッドラインと言います。

つまり、追い込まれると集中できるわけですね。

なので2時間なんて長いから無理ゲーと思っている人も、

たった25分を集中することはかんたんだと思うので是非試してみてください。

まとめ

朝活で集中するためのまとめは以下になります。

・夜は脳が疲れていて時間も不規則になる。
・夜は誘惑が多いので勉強を継続するのはたいへん。
・朝活は脳が空っぽだからたくさん吸収できる。
・ポモドーロテクニックを使って、短時間集中を繰り返そう。
朝活を継続することで必ず自分自身も成長することができます。
焦らずに毎日積み重ねていきましょう。

コメント