【賃貸トラブル】敷金からクリーニング代は引かれる? 立会いの必要性や特約の有無を解説

不動産

 

賃貸アパートやマンションを退去するときに、クリーニング代を請求された経験ありませんか?

綺麗に掃除したのにクリーニング代を払う必要あるの?と思った人も多いかもしれません。賃貸を退去するときの原状回復義務や敷金の返還などはトラブルになりやすい事柄です。

今回は敷金とハウスクリーニング特約についてと退去するときに損をしないための掃除の仕方などを解説したいと思います。

敷金とは

敷金はアパートやマンションを新規に借りるときに賃借人が払う費用のひとつです。

敷金はどんな時に使われるかと言うと、

 

  1. 入居している時に、不注意や故意に建物を壊してしまったり汚してしまった時や、退去時に原状回復するための修繕費用
  2. 毎月の家賃を滞納した場合の補填

 

などがあって建物を借りている賃借人は退去時に原状回復をする義務があります。

原状回復ってどんな状態のこと?

それではアパートやマンションを退去するときにしなければいけない「原状回復」とはどんな状態なのでしょうか。国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」にはこのような定義があります。

 

原状回復の定義
原状回復とは、賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること

 

このように賃借人が負担するのは特別な損耗についてであって、居住している時に通常の使用でできた損耗については原状回復する必要はないということです。

通常の損耗に該当するケース

原状回復が不要なケースというのは普通に住んでいて発生する傷や汚れ、経年劣化などがあります。

本棚やテレビ台を設置した際にできてしまうへこみや壁紙の太陽光による日焼け跡、ポスターを張す際に使用した画鋲跡などは経年劣化、通常の損耗にあたる場合が多いです。また浴槽や浴室などの黄ばみなどは定期的に掃除してもできてしまうものは経年劣化になるケースがあります。

特別な損耗に該当するケース

原状回復が必要なケースというのは、故意による汚れや傷、定期的な掃除を怠った場合の汚れなどがあります。

コーヒーなどの飲食物をこぼしてしまって壁やカーペットが汚れてしまったり、ベットの配置を変える時に床が傷ついたり、ペットによるよごれや傷も特別な損耗にあたります。

タバコの臭いやヤニによってできる黄ばみ、掃除をしなかったためにカビが発生した場合も原状回復が必要になります。

退去時に請求されるクリーニング代は敷金から引かれるのか?

これまで通常の損耗は原状回復の範囲には当たらないということを解説してきました。

では退去時請求されることのあるクリーニング代は払う必要がないのでしょうか?

結論から言うとクリーニング代は特約がある場合が多いので払う必要あります。

クリーニング代の特約とは

アパートやマンションの賃貸借契約をするとき特約をつけることができます。大家さん側はクリーニング代は借主側が負担するという特約をつけることが多いのです。

そして特約という形で契約書に書いてある場合はクリーニング代を拒否することは基本的にはできないことになります。では契約前にクリーニング代の特約を飲めないと言った場合はどうなるのでしょうか?その場合だと特約を付けられないなら貸せませんという形になり契約を拒否されることもあります。契約はお互いの同意が必要なので貸主側が特約を飲めないなら契約をしないというのは全く問題がないということになるんですね。

なのでどうしてもクリーニング代を負担したくないのであれば、クリーニング代の特約がない物件を探すしかありません。

敷金で損しないための対策

ここからはアパートやマンションを退去するときにどんなことをすれば敷金で損をしないのかと考えていきたいと思います。

入居時に部屋の写真を撮っておこう

賃貸借契約をして部屋を借りたときに写真を撮っておきましょう。なぜ写真が必要になるかと言うと入居時と退去時の部屋の状態を確認する証拠になるからです。

特に傷や汚れを発見した場合は、その部分をしっかり撮って残しておきましょう。可能ならば補修や修繕をしてもらうのもいいです。

もし写真で証拠を残していないと退去時に傷や汚れを指摘されたときに、この部分は入居時からあったと言っても借主側の負担になってしまうことがあるかもしれません。それでは納得できませんよね。

退去する前に部屋の掃除をする

入居して何年も住んでいるとどうしても汚れや傷ができてしまうものです。アパートやマンションを借りている賃借人側は通常の損耗を負担しなくていいと解説しましたが、汚れの種類によっては原状回復義務で敷金からひかれてしまうこともあります。なので部屋を退去する前に自分で掃除をすることで少しでも入居前の状態に近づけることが大切です。ここでは具体的に指摘されやすい箇所と掃除の方法をご紹介します。

窓ガラス

まずは全体をよく見て汚れている部分があるか確認しましょう。特にレールやサッシはゴミが溜まりやすいです。窓ガラスの掃除は洗剤をつけて上から下にコの字を描くように拭きましょう。最後に水分をしっかりと拭いて取り除くことがポイントです。

レールの汚れははじめに掃除機で大きめのゴミを吸い取った後に歯ブラシなどでゴシゴシとこすって汚れをかき出します。そしてスポンジに水を含ませて残りのゴミをふき取りましょう。最後に水で洗い流して雑巾でサッシの水分を除いて終わりです。

壁に汚れがないか全体を確認しましょう。日光による変色は通常損耗にあたりますが、たばこの臭いやヤニの黄ばみ、ポスターなどを貼るときに使う画鋲の跡、掃除を怠ったことで発生したカビなどは借主側の負担になる場合があるので注意しなければなりません。

まずタバコの臭いがある場合は、重曹やスチームクリーナーで掃除するのが効果的です。画鋲などの穴が開いている部分には補修材を使うことで傷が目立たなくなります。

浴室

浴室はこまめに掃除していないとカビが発生してしまいます。はじめに上から順にカビや汚れがある部分をチェックしましょう。排水口には髪の毛などが詰まっていることあるので中を確認して状態を確認する必要があります。

カビの汚れを取るには塩素系のカビ取りスプレーを使います。スプレーを吹き付けて放置した後に歯ブラシでこするとカビを取り除けますよ。浴槽や鏡の水垢には洗剤で対処しましょう。特に鏡の水垢は目立つので指摘されやすいです。排水口のぬめりには重曹とクエン酸が効果的になります。重曹、クエン酸をかけて泡を発生させ1時間程度放置しましょう。汚れが浮き上がってきたら歯ブラシなどでこすって水で流します。

キッチン

キッチンではシンクの水垢や換気扇、油の汚れないか確認しましょう。

シンクの水垢には重曹とクエン酸を使い歯ブラシでこすり汚れを取り除きます。換気扇は汚れを放置しておくと油汚れがこびりついてしまいます。換気扇を取り外して重曹入りのお湯に漬けて数十分放置します。その後汚れをこすり取り雑巾で拭いて綺麗にします。

トイレ

トイレでは黒ずみがないか確認しましょう。この黒ずみは尿による黄ばみに水垢やカビが発生してできた汚れでかんたんには取り除くことができません。

頑固な黒ずみには酸性の洗剤を使いましょう。まずは割りばしなどを使い黒ずみの部分をこすって傷をつけます。傷をつけることによって洗剤と反応しやすくなります。洗剤をかけた後にトイレブラシでゴシゴシこすり水で流しましょう。

トイレの壁や床に尿が飛び散っている場合はシートなどを使って綺麗にふき取っておきましょう。

退去するときの立ち合いは重要

部屋を退去する直前に原状回復にかかる費用を見積もるために立ち合いをすることになります。

不動産業者か大家さんが入居する前の状態と比べて傷や汚れている箇所、設置されている設備の損耗具合、掃除がされているかなどを確認します。この時に役に立つのが入居した時に撮った写真です。自分の責任ではない傷や汚れを指摘されても写真があればはっきりと否定することができます。

そしてチェックが終わった後はおおよその見積り額を聞いておくことが大事です。一筆書いてもらえれば後で支払われた費用とかけ離れていた場合に指摘することができます。

まとめ

今回は敷金とクリーニング代の特約について解説しました。
クリーニング代の特約はほど100%と言っていいくらい賃貸物件の契約書に書かれていることが多いです。
そして退去時には賃借人の責任による損耗は敷金から引かれてしまうので、できるだけ入居した時と同じくらい綺麗に掃除して指摘箇所を減らしておくのが大事です。
賃貸トラブルは入居するときではなく退去時に起こりやすいです。契約内容を確認していないと後悔することがあるかもしれません。気持ちよく引っ越しするために契約時に納得できるか読んで確認しておきましょう。

 

 

 

 

コメント